ダイエットに一番効果がある方法はコレ!どこでもできる超簡単エクササイズ

      2017/12/07

画像:スクワットダイエット

みるみる痩せる!超短期間でダイエットするキングオブエクササイズとは?

短期間でみるみる痩せるダイエット方法とは?

普段からスポーツジムに通っている方やスポーツ競技をやっている人でなければ、意外と知らないかも知れませんが、ダイエットに一番効果的なエクササイズは「スクワット」です。

スクワットの動きは脚の筋肉をトレーニングするだけでなく、綺麗な姿勢を維持するために必要な体幹(コア)の筋肉も同時に鍛えられるので、スクワットをするだけで全身のトレーニングになります。

そのことから、スクワットはキングオブトレーニング(トレーニングの王様)とも呼ばれています。

なぜ、スクワットが筋トレの王様なのか?

スクワットは、他のトレーニングと比べてたくさんの筋肉を同時に使いますので、消費エネルギーがとても多く、ダイエットには最大の効果をもたらすエクササイズなのです。

「人は足から老いる」という事を聞いたことがあると思いますが、医療の世界でも年を重ねると足腰から弱ってくると言われているように、いつまでも若々しく綺麗な体型を保つためには、足腰を鍛えることが最も重要です。

また、人間の体の中で一番大きな筋肉は大腿筋(太ももの筋肉)ですので、脚を鍛えることにより、平常時でも大量のカロリーが消費されますので、いくら食べても太りにくい体質へと変わることができます。

ほかにも、お腹周りが気になる人は腹筋のトレーニングだけをすることも多いと思いますが、腹筋という筋肉は小さい筋肉の集まりですので、まずはスクワットで大きな筋肉を鍛えて全身をトレーニングすることで、効率よくダイエットすることができます。

スクワットエクササイズのポイント

スクワットは、普通にしゃがむのではなく、イスに座るような感じのエクササイズです。

ポイントは、膝がつま先よりも前に出ないようにすることです。
極端な表現になるかもしれませんが「空気イス」に座るような状態を作ります。

つま先が膝よりも前に出てしまうと、膝に負担がかかってしまい膝を痛めることになります。

分かりやすく言えば、昔は部活動などでは「うさぎ跳び」が当たり前のように行われていましたが、今では「うさぎ跳び」は死語になってしまいました。

うさぎ跳びは体を鍛えると言うよりも、むしろ膝を壊してしまう原因となります。

また、スクワットで膝が前に出ないようにすることで、股関節が自然と曲がることで、お尻やももの裏の筋肉もしっかりと使うことになり、ひとつの動きで効果的なトレーニングをすることができます。

スクワットの動きに慣れるまでは、後ろに重心がかたよってしまうかも知れませんが、徐々に足の裏全体を使うに慣れることで自然エクササイズが身についてきます。

1日5回~10回ほどの少ない回数でも、効果がありますので、いきなり沢山の回数ではなく徐々になれていくことがコツです。

自宅でスクワット運動をする時に、サプリメントを併用をすることでダイエット効果を高めることができます。

こちらの記事もおすすめです⇒トリプルビー(BBB)の口コミ&効果的な飲み方【AYA監修HMBサプリ】

アドセンス広告_20180309作成




 - 筋トレ