糖質制限ダイエットにオススメ外食メニュー!

      2017/02/05

糖質制限ダイエットが流行っているせいか、外食でのご飯の食べ残しが飲食店経営者の頭を悩ませています。
農林水産省の調査結果によると、驚いたことに「20代では女性よりも男性の方がお米を食べない」方が多く、約5人に1人が1か月間お米を全く食べない食生活をしているようです。

糖質制限ダイエットは、主に炭水化物(糖質)を少なめにすることでダイエット効果が高いと言われています。

しかし、たんぱく質を多く含む肉や魚ならカロリーを気にすることなく好きなだけ食べられるだけでなく、満腹感を感じて脂肪燃焼に重要な筋肉を維持する事ができます。

画像:糖質制限

糖質制限の目安

糖質は1食につき20g~40g、また1日当り130g以下におさえることがダイエットには理想的です。
では具体的に糖質40gとはどのくらいかと言うと、ご飯ならお茶碗半分くらい、食パンなら1枚程度が目安です。

普段の生活では外食をする機会が多いと思いますが、できれば丼物やラーメンではなく定食を選ぶことで炭水化物(糖質)にかたよらずバランスの良い食事ができます。

また、コンビニやスーパーのお弁当や惣菜を買うときも、丼物や単品ものではなく幕の内弁当などのおかずの種類が多いお弁当は栄養のバランスがとれています。
最近は、糖質量がラベルに明記されていますので、購入時にチェックすることを習慣化すると良いでしょう。

食事のときに品数が増えると、噛む回数も自然と増えてきますので、早食いの予防になり少ない量の食事でも満腹感を得ることができます。

画像:ダイエット中でもお酒OK

ダイエット中でもお酒は飲める!

ダイエット中は禁酒しなければならないと思われている方も多いようですが、焼酎やウイスキーなどの「蒸留酒」は糖質が低いので問題ありません。

また、日本酒やワインなどの「醸造酒」は糖質が高いので注意しましょう。

ダイエットは、受験のように一時的に頑張るものではありませんので、毎日の食事やお酒を楽しみながら健康的にやせることが一番です。

ダイエットは全ての人にとっての「人生のテーマ」かも知れませんので、もっと気楽にいきましょう!

アドセンス広告_20180309作成




 - 食事ダイエット