糖質オフってどうすればできるの?ダイエットに重要な3つの注目ポイント!

   

画像:糖質オフ
「糖質オフ」の食事でダイエットができると聞いても、実際にどのような食生活をに変えればよいのか悩んでしまう人も多いようです。

炭水化物を全く食べないにするよりも、「血糖値・酵素・食物繊維」をバランス良くしっかりと食べることがポイントです。

食事ダイエットの3大ポイント【血糖値/酵素/食物繊維】

人の体は食事を摂ると一時的に血糖値が上昇し、すい臓からインスリンが分泌されることにより血糖値を下げる仕組みがあります。
しかし、このインスリンは過剰に摂取された糖分を体脂肪に変えてしまいます。

特にご飯やパンなどの炭水化物は、急激に血糖値を上昇させませうので、空腹時に急激に炭水化物を食べることは体脂肪を増やす大きな原因となります。

他にもフルーツやスイーツなどの糖質も血糖値が上昇する原因となりますので、過剰な摂取は体脂肪が増える原因となります。

次に酵素は発酵食品に含まれていることがよく知られていますが、野菜や果物にも多く含まれており、消化をよくすることだけでなく代謝を高める働きがありますので、食事をする際に最初に食べると効果的です。

また、食物繊維は人の持っている酵素では消化できない成分で、便秘を防ぐ不溶性食物繊維とコレステロールを正常化する水溶性食物繊維があります。

食物繊維が多く含まれているものを食べることで噛む回数が増えて唾液も分泌も多くなり満腹感を得ることができます。

画像:食事の順番

食事の順番としては、「野菜や発酵食品」→「肉・魚などのたんぱく質」→「ごはんなどの炭水化物」が理想的です。

外食でコース料理を注文すると和食・洋食を問わず、この順番で料理が出てくることが多いようです。

アドセンス広告_20180309作成




 - 食事ダイエット